事前予約で日曜・夜間もご対応可能です

相談予約
初回無料

0120-401-604

受付時間月曜〜土曜 8:00〜20:00休日日曜・祝日

法律相談オンライン予約

東京都新宿区西新宿1-23-1 TK新都心ビル9F

コラム

離婚問題

離婚に伴う子どものケア

離婚に伴う子どものケア

離婚に際してもっとも悩ましいのは、お子さんのケアです。親の離婚は、良かれあしかれ、お子さんに大きな影響を与えます。私は子どもの心理学の専門家などでは全くありません。しかし、非常に多くの離婚と、非常に多くの、「親の離婚を今まさに経験しているお子さん」を見てきました。その経験から、若干、私が考えることを書いてみます。


「子どものために」離婚しない人、離婚する人

夫から離婚を言い出されたのですが、私は離婚したくない、「子どものために」。という方もいれば、逆に、「子どもに悪影響を与えるから離婚したい」という人もいます。

では、実際に、離婚は子どもに悪影響を与えるのか。経済的な悪影響はともかくとして、ここでは、「子どもの心、成長に対する影響」についてだけ書きます。その答えは、わたしが見る限り、「離婚後の親同士の関係」によります。

離婚のときは双方対立し、罵倒しあっても、その後、親同士が何らかの形で折り合いをつけることができ、面会交流も行われるようになると、子どもの方も、親の離婚を受け入れやすいように見受けられます。逆に、離婚後も親同士が憎しみあいを続けると、お子さんは片方の親との別れに対して複雑な思いを持ち続けるように見受けられます。

親の離婚を経験した子どもさんの口からも「親の喧嘩に耐え続けるくらいなら、別れてくれてよかった」とか、「お前のために離婚しなかったんだよ、などと言われるくらいなら、むしろ離婚してくれてよかった」という言葉を聞いたことがありますし、逆に、「どうしても納得いかない」「親の離婚を止められなかった自分が悪い」という言葉を聞いたこともあります。親の離婚に苦しんで精神的に病む子もいれば、離婚後、むしろ明るくなる子もいます。

離婚が、お子さんにとってどういう影響を与えるか。それは、親がいくら考えても判らないことです。だとしたら、最大限にお子さんをケアしながら、そんな判らないことよりも、いま、あなたがどうしたいのか、どうすべきなのか、それを考えるほか、ないのだと私は思います。


親の離婚を経験する子どもへのケア

親の離婚を経験するお子さんは、不安です。これからどうなるのかが不安ですし、何よりも、「親が離婚したのは自分のせいではないのか」「これからはお母さんと暮らすわけだけれども、お母さんからも捨てられてしまったらどうしよう」という想いが強いようです。

なので、まず、親の離婚はお子さんのせいではないことを、よく理解してもらうようにしましょう。もちろん、ただ「お前のせいじゃない」と言われたら、子どもは逆に動揺して、「本当は自分のせいなのか」などと思ってしまうこともあります。離婚の理由は、別にあること。大きくなったら教えるからね、などと説明することもあります。

それから、離婚して片方の親と一緒に暮らさないことになったけれども、それは別に「捨てられた」というわけではないこと。たとえ、夫が他に女を作って出ていったとしても、「お父さんはお前を捨てたんだ」などということは禁句です。この「捨てられた」という言葉は、相当お子さんを苦しめます。

離婚しても、お父さんはお父さん、お母さんはお母さんだよ、ということを理解してもらうことです。それはある意味、離婚する親自身が、「離婚したとしても、この人は自分の子の親であり、親としての関係は続くのだ」と受け入れることでもあります。

そして、子どもを引き取る方の親は、「自分があなたをしっかり守っていくから大丈夫」というメッセージを強く伝えてあげてください。手を握るとか頭をなでるなどの身体的なスキンシップが有効なこともあるようです。


離婚に際して、子どものためにしてはいけないこと

これは非常に難しいことですが、子どもに対して、相手の悪口を言わないことです。子どもにとっては、もっとも身近なひと(親)から、自分の(片方の)親の悪口を言われることになり、これはやはりお子さんを傷つけます。それから、言わなくてもいいことは言わないことです。

たとえば、お母さんは浮気をしたんだとか、お父さんが慰謝料を払ってくれない、などという情報は、お子さんにとっては何のメリットもない情報で、むしろお子さんに苦しい思いをさせる可能性があります。そんなことをいうくらいなら、お子さんを安心させるような言葉、明るい気持ちにさせるような言葉を言ってあげてください。


最後に

お子さんにとって一番大事なのは、親の笑顔です。親にとって子どもの笑顔が一番大事であるように、お子さんにとっても親の笑顔は何よりも大事で、それによって元気にもなり、明るくもなり、活発にもなります。

離婚交渉は苦しく、ストレスフルで、つい笑顔を忘れがちになるし、到底笑顔になれる気がしない、というのは良く判ります。ですが、親御さんが暗い顔をしていると、お子さんも不安になるし暗くなります。お子さんにとっては、困難を乗り越えて生きていこうとする親の背中を見、親の笑顔を見ることがなによりも大切なのではないかと思います。

予約・問い合わせフォーム